Loading
投資

投資

豊富な投資商品と最新の運用情報を提供いたします

「貯蓄から投資へ」の合言葉のもと、日本でも近年、投資による資産形成・運用が注目を浴びています。
特に人気が高いのは、海外投資です。国内投資に比べて、選択できる銘柄・種類が豊富で平均的なリターンも比較的高く、メリットが大きいためです。
世界の富裕層は複数の口座を目的に応じて使い分けて資産保有することで、自国での投資だけではなく海外投資を行っていることが一般的です。
現在では日本の証券会社を通して、海外の商品に投資することが可能になってきましたが、P&B財務パートナーでは市場で流通していない投資商品もご紹介しています。

クレジットローンファンドへの投資はファミリーオフィスのP&B財務パートナー

クレジットローンファンド

世界中の企業へ投資をするクレジット・ローンファンド(貸付)。他社との競争に勝つためできるだけ早く資金調達をして事業投資にまわしたい企業に対し、銀行よりも高い金利(10~12%)で貸付し、高いリターンを得ます。直近の投資対象国は米国、EU、カナダ、オーストラリアの時価総額100億円未満の企業です。1年という短期間での貸付とし、しっかりとした返済が確認できた場合にもう一年貸付の判断を行っています。

・最低投資金額:USD 100,000(約1,000万円)
 ※直接投資可、オフショア資産管理口座可、スイスプライベートバンク可
 ※オフショア資産管理口座の場合は、USD 50,000(約550万円)
・通貨:USD、EUR、GBP、CHF
・購入手数料:0%
・解約手数料:5~0%(5年経過後0%)
・年間平均リターン:13.07%
・売買:毎月

イギリス債券ヘッジファンドはファミリーオフィスのP&B財務パートナー

イギリス債券ヘッジファンド

イギリスの様々な種類の債券(利付債、割引債、金融債、政府債、建設債など)に投資する固定金利型のヘッジファンドです。債券の金利収入だけであれば年5~7%ですが、単価の上昇益もあり年率平均12%近いリターンをあげています。政策金利が上昇すると一般的には債券単価は下がりますが、景気回復がままならないためイギリスもしばらく利上げはできませんし、上がってもスローペースなものと予想されます。その間もこのファンドは債券での売買&金利収入を得ることができます。

・最低投資金額:USD 10,000(約110万円)
 ※直接投資可、オフショア資産管理口座、プライベートバンク口座経由可
・通貨:USD、GBP、JPY
・購入手数料:0%
・解約手数料:5~0%(5年経過後0%)
・年率平均リターン:9.03%
・売買:毎月

デンマーク個別債権への投資はファミリーオフィスのP&B財務パートナー

デンマーク個別債券

デンマーク首都コペンハーゲンに作られるオフィス施設のために約8億円(DKK44mil)を調達します。施工するのはOskarGroupという1950年からの実績がある会社。施設には、オフィス、オフィス、テナント、ホテル、フィットネス、カフェ、ショップが入る予定です。今回の施設の立地も新設される駅から徒歩2分。空港、高速へのアクセスが良く、緑もあり、通勤するのにとても良い環境です。

最低投資額:EUR 100,000(約1,300万円) 
※オフショア資産管理口座経由のみ
通貨:EUR, SEK, NOK
購入手数料:3%(外枠)
金利:11%/年 ※四半期ごと
満期:36ヶ月(3年)
早期償還条項:2年目以降(早期償還の場合は、元本100%と金利が返還)

P&B財務パートナーでは、国内証券会社で取り扱い可能な商品だけではなく、一般には流通していない100以上のファンドをご紹介可能です。


ほかのサービスを見る

海外口座開設はファミリーオフィスのP&B財務パートナー

口座開設

リスクを分散しながら資金を管理する上では、お手持ちの国内口座だけでなく、法人・個人ごとに複数の口座を目的に応じて資産保有を行います。

海外保険はファミリーオフィスのP&B財務パートナー

保険

元本確保型でありながら高い金利を得られる保険、金利保証で積立額に応じたボーナスが得られる保険などで、資産の保全と運用を両立させます。

海外不動産はファミリーオフィスのP&B財務パートナー

不動産

不動産の購入は節税効果の大きさに着目されがちですが、安定した収益を得る上でも不動産の資産性にも着目すべきです。

PAGE TOP